実施報告:新しい農業生産のやり方 ―エコロジー農業の日仏交流―   

2014年12月10日(水) 開始:14:00 終了:16:30     (終了しました)


2014年12月10日
2:00 PM to 4:00 PM

 エコロジー農業の今とこれからについて、政策的な視点および現場的な視点から幅広く議論するべく、フランスと日本・北海道のそれぞれにて最前線に立つ農業関係パネリストによる公開討論会を開催し、研究者、農業者、市民、学生を含む155名が参加しました。
 フランスからは、農村環境の様々な変化等を中心に40カ国以上での研究経験を持つ農学者エティエンヌ・アンズラン氏と、国土総局にて持続可能な農業の実践を指揮されるエリック・ジリ氏をパネリストとしてお招きし、日本からは、電気柵等による革新的な放牧システムをはじめとするニュージーランドのローコスト・ファーミングの導入に長年取り組まれるファームエイジ株式会社 小谷栄二代表取締役と、現役の畑作農家である北海道十勝地区農協青年部協議会 前多幹夫副会長に加え、農学研究院の久田徳二客員教授、北方生物圏フィールド科学センターの三谷朋弘学術研究員がパネリストとして参加しました。
 農学研究院 林美香子客員教授による司会進行と、同 内田義崇助教によるファシリテーションのもとパネルディスカッションが開始されました。エコロジー農業の定義について、単独の農業技術ではなく農業生産に関する考え方の変化自体であることや、エコロジー農業を普及していくために必要な政策や消費者の理解などについて議論がなされました。最後の質疑応答では、時間一杯まで多くの質問が会場中から行なわれ、また、終了後においても来場者が個人的な質問をパネリストに直接行なっている様子がしばらく見受けられました。

質疑応答の様子

参加者の集合写真

  • 主催者:
    アンスティチュ・フランセ日本,札幌日仏協会 / 札幌アリアンス・フランセーズ
  • 共催者:
  • 会場:
    農学部4階大講堂
  • 実施責任者:
  • 参加費:
    無料
  • 言語:日仏同時通訳
  • 対象:大学生・院生・一般市民・専門家
  • 問い合わせ:http://www.agr.hokudai.ac.jp/

ページトップ