新しい農業生産のやり方 ―エコロジー農業の日仏交流―   

2014年12月10日(水) 開始:14:00 終了:16:30    

気候変動を始めとする地球環境の変化は、農業生産のプロセスに決定的な変化をもたらしています。地域の特性に適し、環境に配慮しつつ、経済的に競争力を持つ農業システムとはどのようなものでしょうか。フランスと北海道における優れた事例にあたり、市民・専門家・大学関係者等さまざまな立場 から共に考え、議論しましょう。

※ 昨年の様子はこちら

【司会】

* 林美香子(北海道大学大学院農学研究院客員教授、 慶応義塾大学特任教授)

【ファシリテーター】

* 内田義崇(北海道大学大学院農学研究院助教)

【パネリスト】

* エティエンヌ・アンズラン(農学開発研究国際協力センター理事長顧問、オタワ大学客員教授)

* エリック・ジリ(農業・農産加工政策及び国土総局農産加工戦略及び持続可能な発展部部長)

* 小谷栄二(ファームエイジ株式会社代表取締役)

* 前多幹夫(北海道十勝地区農協青年部協議会副会長)

* 三谷朋弘(北海道大学北方生物圏フィールド科学センター学術研究員)

* 久田徳二(北海道大学大学院農学研究院客員教授、北海道新聞)

【参加予約】

https://sustain.oia.hokudai.ac.jp/sw/application/

【PDFチラシ】

http://sustain.oia.hokudai.ac.jp/sw/upload/agriculture_flyer.pdf

  • 主催者:
    札幌日仏協会 / アリアンス・フランセーズ札幌,フランス大使館, アンスティチュ・フランセ日本
  • 共催者:
  • 会場:
    農学部4階大講堂
  • 実施責任者:
  • 参加費:
    無料
  • 言語:日仏同時通訳
  • 対象:一般市民・大学生・院生・専門家
  • 問い合わせ:

ページトップ