先住民文化遺産とツーリズム ―文化的景観と先住民遺産をめぐる諸問題―   

2014年12月20日(土)~2014年12月21日(日)    

人間の営みは、その生活する環境に大きな影響を及ぼしてきました。現在、私たちをとりまく景観にも、そこに生きた人々の様々な関与の痕跡が残されています。本シンポジウムでは、持続可能な資源管理の側面から近年注目を集めている先住民社会における景観利用について、スウェーデン、アメリカ北西海岸、旭川、平取、白老の事例を参照しながら広く議論します。また、先住民文化遺産の特質と、その保護・管理方法のあり方、そして地域資源として活かす可能性について検討します。

シンポジウムのポスターはこちらです

プログラム

12月20日(土)13:00~17:00 (開場12:30)

「岩と水が創り出す文化的景観」

ニール・プライス (ウプサラ大学考古学部・教授、スウェーデン)                        カール=ゴスタ・オジャラ (ウプサラ大学考古学部・講師、スウェーデン)                                                       友田哲弘 (旭川市教育委員会社会教育部・主査/旭川市博物館・学芸員)               吉原秀喜 (平取町役場アイヌ施策推進課・主幹)

12月21日(日)10:00~16:00 (開場9:30)

海と湖が創り出す文化的景観」

スヴェン・ハーカンソン (ワシントン大学バーク博物館人類学部・准教授、アメリカ)           リック・ネヒト (アバディーン大学考古学部・上級講師、イギリス)                        八幡巴絵 (アイヌ民族博物館・学芸員)

会場はこちら

学術交流会館(クリックで拡大)

  • 主催者:
    アイヌ・先住民研究センター
  • 共催者:
  • 会場:
    学術交流会館 小講堂
  • 実施責任者:
    アイヌ・先住民センター 教授 加藤 博文
  • 参加費:
    無料
  • 言語:日本語・英語 (逐次通訳)
  • 対象:専門家・大学生・院生・一般市民
  • 問い合わせ:http://www.cais.hokudai.ac.jp/

ページトップ